謹賀新年2020

明けましておめでとうございます。 (保呂羽山の霜月神楽でいただいた鼠様) 12年前、私は波宇志別神社にて夕刻から翌朝まで霜月神楽を堪能したのであった。2007年の保呂羽山霜月神楽tenti.hatenadiary.org年末は南三陸の山中の仕事にあたり、かつ、諸病のため…

赤色立体地図で探る南三陸の城館─「戦国城館研究の最前線」シンポ

赤色立体地図で探る南三陸の城館 戦国城館研究の最前線シンポ2019.11.2お陰様で好評裡に終了いたしました。ご支援有難うございました(11.3追記) 谷口宏充先生の赤色立体地図から探る南三陸の城館跡11月2日(土)には「戦国城館研究の最前線」という記念シンポ…

南三陸町連続講座「南三陸の中世」(全8回)無事終了

最終回 南三陸町で行っていた連続講座「南三陸の中世」(全8回)は昨日無事終了いたしました。最後に入谷ouiパン工房の特製の梵字アを入れたパンをいただき、感激いたしました。もっちりとした美味のパンでした。連続講座を支えていただいた関係者の皆様、夜に…

南三陸の中世8「南三陸の歴史文化遺産」(予告)

南三陸の中世8 鋭意準備中御嶽神社(気仙沼市本吉町)より沿岸を望む「建仁元年(1201、鎌倉)奥州信夫荘司佐藤基治の妻乙羽姫(後尼公とも云う。平泉藤原秀衡の妹)の子佐藤次信、忠信の兄弟屋島・吉野の戦に主君源義経の身代りとなって忠死せるにより祈誓す…

講座「南三陸の中世5 志津川湾を板碑・山城から探る」(予告)

志津川 2013.4講座「南三陸の中世5 志津川.」─予告(田中則和)新井田館跡発掘調査現地説明会資料(南三陸町教育委員会) 2013.11.23南三陸町で開催しております連続講座「南三陸の中世」(8回 主催:南三陸研究会、うみさと暮らしのラボ )は、いよいよ、2013年の…

恵比須崎から水戸辺川─南三陸町戸倉

海は変わらねど 川(水戸辺川)は変わった。 近くの湿地にシラサギの群れ。 2013年6月 水戸辺川上流にて。 m-inuwashi.jp

釣石神社─被災神楽面復活の舞(石巻市北上町)

「平成」最大の災害である「東日本大震災」は、福島原発をはじめとして「令和」に続くであろう。 石巻市北上町の釣石神社では、被災した本吉法印神楽の面27面の復元がが完成し、28日お披露目となったことは喜ばしい。復元された本吉法印神楽の面 2019.4.28初…

震災八年、復興未だ成らず─牡鹿半島

合掌石巻市清水田浜昨日、訪れた牡鹿半島の至るところに見られた風景。海が見えない。。石巻市小網倉浜石巻市谷川浜 八幡神社から 著名な永禄の板碑は行方不明。 再建された石碑石巻市 前網浜 浜に人影なく高台で人に遇う。 前網浜の信仰は生き続けておりま…

南北朝時代の一女性の願いを込めた「石塔」─南三陸町朝日館跡

妙樹禅尼造立板碑3D画像(田中則和作成) 本年もどうぞよろしくお願いいたします。改めて2011.3.11東日本大震災で失われた二万人の命の重さを肝に銘じるとともに、南三陸に生きた人々の証である豊かな南三陸の自然・歴史文化遺産を活かした復興まちづくりに寄…

松島雄島・金剛舎利石塔─600年前の願い─大晦日に

貞和五(1349)年「一結徒衆」板碑 宮城県松島町雄島に立つ高さ2.4mの南北朝時代の石塔(板碑 図は合成写真)。 全身コケだらけのため、気に留める人はほとんどいない。 こちらは同じものを、色を除去した写真。釈迦如来のシンボル(梵字)が鮮やかに見える。そし…

南三陸町・新井田館跡調査現地説明会-2013.11.23-

南三陸町新井田地区の津波で流出した家屋の基礎と新井田館跡(2013年11月23日) 調査現地説明会の様子(公開については南三陸町教育委員会の許可を得ています) 南三陸町新井田館の発掘について 南三陸町の山城跡、新井田館跡(にいだたてあと)は2011年11月3月11…

南三陸町の山城跡─新井田館の発掘と朝日館の縄張り

新井田館跡(志津川新井田) 想像的復元説明図(『新井田館跡』(南三陸町教育委員会 2016)を下図に作成 田中則和 2018) (竪堀風の麓への通路) (上の写真を別角度から見たところ。切岸、段の調査風景) 東日本大震災後の復興関連調査で2013年に新井田館跡はまるご…

南北朝時代の千人仏の石塔─『南三陸の山城と石塔』の表紙から・南三陸の現在

「安永三(1774)年に仙台藩に提出された『入谷村風土記御用書出』には「古碑」として「人おて山」が金の採掘で賑わっていた時に、遊女を誘い敷地内に入れたところ、山が沈み数百人の金堀りの人々が亡くなった。この石碑はその供養のために立てられたもので一…

月浦十三仏石塔(永禄六年)─安部下野守と「善男善女」

石巻市月浦(つきのうら)・永禄六年(1563)十三仏石塔(上部)オルソフォト(歪み修正写真) 種子(仏を梵字で表したもの ※古代インドサンスクリットの表記に用いられた文字)で三十三回忌までの仏さまを表しています。 (上から)クルリンの文字は「イ字」(梵文のはじ…

南三陸の山城と石塔─海里山の豊かなる歴史文化遺産

www.kahoku.co.jp (南三陸町志津川 2013年 津波の惨状と復活の強い意志を感じつつ調査のはじまり)「東日本大震災の津波で 甚大な被害を受けた南三陸(南三陸町、石巻市雄勝町、女川町など牡鹿半島)、 災害と戦乱の中で南三陸の中世以前を語る記録は、 ほとん…

哀悼 樹木希林さん─雄勝にて

「樹木希なる林」となる。希林さん 心から哀悼の意を表します。 雄勝新山神社2013.10.20socine.infotentijin8.hatenablog.com 「「生きるのも日常、死んでいくのも日常」 死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。 そういった…

加川広重さんの巨大画「気仙沼」展(せんだいメディアテーク)

加川広重さんの巨大画「気仙沼」展 わたしの「気仙沼」2011.12 加川広重さんの巨大画「気仙沼」 わたしの「気仙沼」2011.9 おすすめです。19日まで、せんだいメディアテーク www.kagawahiroshige.comwww.huffingtonpost.jp tentijin8.hatenablog.com tentiji…

皿貝法印神楽─大日孁神社

念願の皿貝法印神楽(石巻市)を観る。 じっさいは,舞台だけが明るい。 後継者もいて万全とのことに敬服。 もちろん まずは大日孁(おおひるめ)神社に参拝。 神馬 子どもたちがたくさんいて家族一族とともに観る神楽は今時、有難い風景。。T様、おいしい焼き鳥…

十三浜・釣石神社春季例祭─法印神楽奉納

東日本大震災 巨石は落ちなかったが 集落は流され 神・氏子七年目の春 神楽奉納に集う。 立派な社務所 わかめを賜りまして有難うございます。 祭りの朝(パノラマ)ishinomaki.kahoku.co.jp釣石神社 - 石巻市 www.asahi.com d.hatena.ne.jp

東日本大震災7年─十三浜・歌津にて合掌

(崎山文禄三年六地蔵塔) 復興途上(相川) 高台に街ができつつある。 ハマーレ歌津にて黙祷 地蔵堂 学生さんが造ったとの説明。 (屋上から) 交流施設かもめ館ができていた。 www.m-kankou.jp (歌津・館浜) 日本建設新聞社 » 山庄建設が防潮堤2件 水戸辺漁港は…

めでた掛け〜美術館で笑い初め〜─福島美術館

旧正月にどうぞ (福島美術館HPより) 02 福島美術館(1)|レポート|MUSEUM ACTION|インターネットミュージアム 2 福島美術館 vol.2 (1)|レポート|MUSEUM ACTION|インターネットミュージアム「■今後の課題 この10年ほど、不況に伴なう社会全体の低迷によっ…

謹賀新年・課題を考える素材集

(龍洞院 子安観音) 本年も どうぞよろしくお願いいたします。 課題を考える素材 ◎注目サイト www.uminoubuya.comwww.asahi.com odayaka-kakumei.com 1945年への道 ・関連十七歳の硫黄島 (文春新書)作者: 秋草鶴次出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/12/0…

大晦日─今年読んだ本から

[] 大晦日になってしまった。今年はあまりアップできなかった。印象に残った本をお勧めしたい。生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉作者: 日野原重明出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2017/09/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見…

生者と死者の交差する場にて

標高120m 夕日の中世供養塔塚 下りれば 江戸時代の「旧墓」 さらに下れば俗界となる。 ・おすすめ本『春の消息』(佐藤弘夫・柳美里ほか) sites.google.com (2012.12.30) d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp tentijin8.hatenablog.com 甦る霊場─極楽浄土への入口…

東日本大震災から取り組んだ災害考古学─津波災害痕跡の考古学的研究

東日本大震災を契機に津波災害跡の考古学に正面から取り組んだ数少ない研究者の一人、斎野裕彦氏の『津波災害痕跡の考古学的研究』が刊行されたことを喜ぶ。文献にのみ頼る方法は文献以前・無記録地帯には及ばない。 このような研究が切磋琢磨・ディスカッシ…

盆・敗戦の日

不幸は「怒り」「憎しみ」「むさぼる欲望」から始まる。 合掌 www.buzzfeed.com mainichi.jp

哀悼 日野原先生

日野原重明先生のご冥福を心からお祈りいたします。 mainichi.jp 日野原重明の名言 | 地球の名言 www.lifehacker.jp 日野原重明 - Wikipedia lite-ra.com 平和友の会会報「世相裏表」2017年6月号 | ASAP 安斎科学・平和事務所

雄勝の復興と祈り─石巻市

呉壺付近 天雄寺はいずこに 津波は山門を押し流し、基部のみ残ったようです。 天雄寺 雄勝の名刹天雄寺 津波で被災し、部材の残った観音堂のみ再建されています。 www.thm.pref.miyagi.jp 津波の痕跡でしょうか 大津波に耐えた古碑たちに合掌 行山流鹿踊供養…

牡鹿半島─萩浜・東浜の復興と祈りの塔

荻浜、東浜地区の様子を紹介いたします。 月浦 600年間、海を見つめる板碑 月浦といえば遣欧使節支倉常長 折浜 香取伊豆御子神社参道 見事な石垣。 香取伊豆御子神社 階段の子猫 気持ちよさそう(青色は海) 神社からの眺め 狐崎スケカリ浜 海の青さに胸うたれ…

哀悼 千葉雄市先生

躍り奉る (寺崎法印神楽2008 藤田象観撮影) 民俗芸能をこよなく愛した研究者 千葉雄市先生(96歳)のご冥福を心からお祈りいたします。 (雄勝法印神楽2008 藤田象観撮影)千葉雄市先生の思い出 d.hatena.ne.jp 東日本大震災 四年目の語り