読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジラ復活─おごれるもの久しからず

f:id:tentijin8:20140724184355j:plain
              ゴジラ雲140724

映画『GODZILLA ゴジラ』公式サイト

「それにしても、わたしが福島の原子力発電所が次々に爆発する映像の衝撃のもと、言葉を探しあぐねながら、ゴジラナウシカを選んだ直感だけは、誤りではなかったかもしれない、と思う。ヒロシマナガサキからフクシマへと、あるいはチェルノブイリからフクシマへと繋がれる、負のイメージ連鎖は、きっと避けがたいものだ。だからこそ、『ゴジラ』から『風の谷のナウシカ』へと、わたしは思想の道行きを辿らねばならない、と感じている。

 『風の谷のナウシカ』、とりわけその漫画版は、まさに21世紀を予言した黙示録的な作品として読み継がれてゆくはずだ。わたしたちはいずれ、この汚染された大地や森や海とともに生きる覚悟を固めるしかない。風の谷という、腐海のほとりに生きる人々の姿は、わたしたち自身によって生きられる現実そのものとなったのだから。

 その人達は

 なぜ気づかなかったのだろう

 清浄と汚濁こそ 生命だということに。(『風の谷のナウシカ』漫画版)

 それでも、明日への希望を紡ぐことができるか、という問いが、そこに転がっている。3・11以後のいまこそ、『風の谷のナウシカ』について、本格的に語らねばならないと思う。そのための準備を少しずつ始めている。

 福島第一原発から2百キロメートル離れて、もうひとつの腐海のほとり・東京にて――。」
(赤坂憲雄 下記HPより)
【リレー連載/3・11のあとに わたしはそれを読んだ、観た、聴いた……】 『風の谷のナウシカ』(アニメ版) 赤坂 憲雄 | ふくしまの声

f:id:tentijin8:20140721203422j:plain:w350
柳田国男の本心を山折哲雄が託宣する。真夏の戦慄 おすすめ
これを語りて日本人を戦慄せしめよ: 柳田国男が言いたかったこと (新潮選書)

1144夜『海上の道』柳田国男|松岡正剛の千夜千冊