読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敗戦の日─蔵王にて

f:id:tentijin8:20150815194721j:plain


f:id:tentijin8:20150815163341j:plain


f:id:tentijin8:20150815160311j:plain


f:id:tentijin8:20150816070359j:plain


f:id:tentijin8:20150815194129j:plain

f:id:tentijin8:20150815195243j:plain
エルフライト なかなか雰囲気のある演奏でした。

f:id:tentijin8:20150816073301j:plain
もう秋の実り

f:id:tentijin8:20150816073707j:plain

◎注目記事「これからも非戦の道を選ぼう

戦争をしない国日本
 今年も憲法九条ノーベル平和賞の候補になるな ど、世界の人々の間に平和国家としての日本の イメージが確立しつつあります。
 第二次世界大戦 後、日本が海外の戦争や紛争で一発の銃弾も発 射しないという選択を続けてきたからです。しか し、安倍政権はその貴重な歴史に終止符を打と うとしています。
 かつて日本はアジアの国々を侵略し、たくさんの 人々を殺し傷つけたあげく、国内でも多くの犠 牲者を出しました。
 私たちは「二度と戦争はした くない」と痛切に願い、国に戦争をさせないと決めた憲法を定め、守ってきました。 」(下記HPより)
市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動
本日の到着便 柄谷行人「反復強迫としての平和」『世界』 2015年9月号 その1の1 - 野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス ラジオ・ヴォルテール
いかなる理由があろうとも戦火だけは交えない国でありたい(鳥越俊太郎)|ポリタス 戦後70年――私からあなたへ、これからの日本へ