読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台うみの杜水族館のみどころ─海の「命」との対話

f:id:tentijin8:20151006093631j:plain
7月にオープンした仙台うみの森水族館(仙台市宮城野区中野4-6)の私的みどころを紹介します。 
堪能時間は約二時間です。

f:id:tentijin8:20151006110936j:plain
三陸の海を再現した大水槽「いのちきらめく うみ」は、やはり、壮観!

f:id:tentijin8:20151006112024j:plain
皆、足早に通る入口(一工夫ほしいところ)
f:id:tentijin8:20151006110703j:plain:w370

f:id:tentijin8:20151006092239j:plain:w370
マボヤのもりではコバンザメがお出迎え


f:id:tentijin8:20151006092715j:plain
                (大水槽)

f:id:tentijin8:20151006093559j:plain:w380
マンボーは横からと正面で形がずいぶん違います。

f:id:tentijin8:20151006102405j:plain
こどもがアマゾンの大魚と会話をしている。

f:id:tentijin8:20151006100348j:plain
幼稚園生がたくさん来ていて賑やか。

f:id:tentijin8:20151006102345j:plain
こどもたちの反応が面白い。

f:id:tentijin8:20151006101255j:plain
こわそうなウツボと小さなエビ

f:id:tentijin8:20151006104914j:plain

f:id:tentijin8:20151006105920j:plain
個人的にはクラゲが不思議です。

f:id:tentijin8:20151006102521j:plain:w370
海のカエル!?

f:id:tentijin8:20151006104017j:plain
f:id:tentijin8:20151006103900j:plain
こちらも不思議な形のチンアナゴ

f:id:tentijin8:20151006101600j:plain
不思議な生き物は、まだまだいます。ミニ龍!?

f:id:tentijin8:20151006101123j:plain

f:id:tentijin8:20151006103254j:plain
なんだっけ このかわいい魚の群れは..
f:id:tentijin8:20151006103214j:plain
ネオンテトラでした。
説明は視線から離れたところにあり、変化する画像なのでみにくいです。

f:id:tentijin8:20151006102302j:plain
ボールと遊ぶイロワケイルカ

f:id:tentijin8:20151006101801j:plain:w370
こどもたちの勉強をアザラシが不思議そうに観ています。

f:id:tentijin8:20151006105612j:plain

f:id:tentijin8:20151006103015j:plain
映り込みがかなりあるので写真は難しいです。
フラッシュをたくお客さんがいるのは、生き物にも周りの人にも迷惑です。

f:id:tentijin8:20151006111738j:plain
オオカミウオ
「生きる凄さ」を感じます。この歯でカニや貝を食べるようです。

f:id:tentijin8:20151006104102j:plain
2階からの大水槽も素敵。


f:id:tentijin8:20151006110215j:plain
「うみの杜ビーチ」
にぎわっているが、磯の造りがあまり本格的ではない感じ。生き物がちょっとかわいそう(ヒトデとか)

f:id:tentijin8:20151006110457j:plain
グッズ売り場

[f:id:tentijin8:20151006091851j:plain
私的採点はスタッフの対応を含めて85点くらい。けっこう楽しめます。今度はオプションのツアーやイベント、そして、食べて、買い物をしてみたい。
周囲の風景が、もう少し「海」を感じさせる「まちづくり」なるとよいと思います。
平日の朝一番(9時)がじっくりおすすめ。それでも、9時半には子供たちが押し寄せてきてにぎやかです。ネット情報では夕方がおすすめのようです。
待ち時間回避のウラ技!! 仙台うみの杜水族館の攻略法 | KOYOY.COM

↓おすすめブログ
2015年7月1日オープン!「仙台うみの杜水族館」に行ってきた - じゃらんnet

f:id:tentijin8:20151006111440j:plain:w300
わたしの場合は、こどもたちが、海の「命」と対話している姿が好きです。


●注目記事
日本は、このような国の軍事に頼るのは、やはり問題ではないだろうか。