読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「学芸員を一掃」山本地方創生相失言反響集─ミュージアム・地域・観光・政治

f:id:tentijin8:20170423163723j:plain
      (「滋賀県地方創生セミナー~実践事例から学ぶ新たな展開~の開催について」4.16チラシ)
「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相:朝日新聞デジタルwww.asahi.com
「一番のガンは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」(山本幸三地方創生相発言)
山本地方創生大臣は博物館法で定められた博物館の学芸員を、地方「観光」を進めるのに支障があるので、一掃すべきという発言を行った(後、謝罪撤回)。
この前代未聞の発言は、博物館、学芸員関係者のみならず全国各地から多数の批判と「いい方は悪かったが...」など少数の賛意が寄せられた。主な流れを覚えとして拾ってみました。多様な考えはあるとして、一国の大臣が事実誤認の内容を乱暴な物言いをしたことは、国民に選ばれた政権の構成員としてまことに恥ずかしいことではないだろうか(2017.4.23追記)。
「山本氏は滋賀県が主催したセミナーの中で、「『地方創生』加速の戦略~全国の優良事例~」と題して講演した。毎日新聞によると、山本氏は「地方創生とは稼ぐこと」と定義し、各地の優良事例を紹介したという。
問題の発言は、講演後に長浜市藤井勇治市長が「インバウンド観光振興について助言を」と質問した際にあった。
朝日新聞デジタルによると山本氏は、外国の有名博物館が改装した際のことを引き合いに出し、「学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した」などとも述べたという。
また、毎日新聞によると山本氏は、京都市世界遺産・二条城で英語の案内表示が以前は無かったとした上で、「文化財のルールで火も水も使えない。花が生けられない、お茶もできない。そういうことが当然のように行われている」とも発言した。」(下記HPより)
www.huffingtonpost.jp
「 閉会後の報道陣の取材に対し、山本氏はインバウンドの興味を引くさまざまなアイデアについて「『文化財が大変なことになる』と全部、学芸員が反対する。観光立国として(日本が)生きていく時、そういう人たちのマインドを変えてもらわないと、うまくいかない」と説明」(下記記事より)
mainichi.jp
なお、発言の背景となるインバウンド観光振興について観光庁の施策は「インバウンドを見据えた着地型観光調査
我が国の訪日外国人旅行者数は、今後ますますの訪日外国人増加が予想される、一方、各地においては、ニューツーリズム関連の様々な観光資源を活用した着地型の滞在プログラムの造成、普及促進に取り組んでいるが、一部地域を除いて、インバウンド対応が出来ていない地域、また、インバウンドに取り組みたくてもどうしてよいのかわからない地域等も多く見られます。
そこで、着地型観光におけるインバウンド対応について、先進事例を調査しつつ、具体的にモデル地域におけるインバウンド対応の実証を通じた解決に向けての手引き書を作成いたしましたのでご参考にしてください。」などと記されています。(下記HPより)
www.mlit.go.jp
www.chunichi.co.jp
地方創生セミナーの以前の報告 文化財保護活用の専門家を招いたり充実した内容。
「地方創生セミナー」開催報告 | (一社)近江ツーリズムボード


前提①「地方創生」とは
www.weblio.jp
大臣の情報源はなんでしょう(4.21段階で大臣は英国人の友人に聞いたが、それを誤って話したとしています。)
matome.naver.jp

山本氏、大英博物館発言は誤り 学芸員解雇「記憶違い」、答弁も|政治|全国・世界のニュース|新潟日報モア

経過
togetter.com

d.hatena.ne.jp

安倍内閣 止まらぬ閣僚の失言 「1強」が緩みに:毎日新聞
学芸員について:文部科学省

観光と博物館(ミュージアム)との関わりには様々な見解があるのは確かで、例えば欧米に比べ博物館への観光客数が少ないので「ここでしかできない体験」をもっと工夫すべきとの見解がある。とはいえ、山本氏のような乱暴な言葉と見解は前代未聞です。
観光資源とミュージアム

もちろん、学芸員や博物館に関係する方たちは、続々と反論しております。
blogs.yahoo.co.jp
yangiblog.blog.fc2.com
創生相発言に怒る学芸員 文化財は未来への財産 : 京都新聞
www.naotoyamamoto.jp

学芸員は「文化財であること」を最後まで守り抜くべき – tomokihirano.com

大臣が指摘する大英博物館などの例は事実誤認であることが明らかになってきました。
www.huffingtonpost.jp
togetter.com
next49.hatenadiary.jp
naka3-3dsuki.hatenablog.com
naka3-3dsuki.hatenablog.com

二条城では、以前は英文の説明が不足していたがデービッド・アトキンソン二条城特別顧問監修により改善された由。
「パンフレットは、日本語版のほかにも中国語2種類、韓国語、フランス語とスペイン語版も無料配布している。デービッド・アトキンソン二条城特別顧問がパンフレットを監修し、大政奉還の舞台となった歴史に加え、城内の障壁画の説明と写真を充実させた解説が8ページに盛り込まれている。
 昨年10月、東京五輪に向けた文部科学省主催の「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の会場に使われるのを前に、多言語対応を強化してきた。元離宮二条城事務所の北村信幸所長は「かつて不十分だったのは間違いないが、学芸員の力を借りて順次対応してきた」と話す。市によると、山本地方創生担当相は同フォーラムに合わせて二条城を訪れたという。」(下記記事)
http://eonet.jp/news/kansai/kyoto/224914.htmleonet.jp

this.kiji.is

zarutoro.livedoor.biz
元ネタ説のあるデービッド・アトキンソン小西美術工藝社長の話題の本(上記ブログ)
しかし、前述のようにアトキンソン氏は二条城特別顧問がパンフレットを監修、改良に尽力し、海外の例をひきながも日本独自の改善を提案しているわけです。

intergate.info

大臣発言への同意意見はいくつかあるものの、歴史文化遺産を傷つけては、「観光」自体が成り立たなくなりますし、分かりやすい説明への努力は二条城も含めて各地で続けられております。。
agora-web.jp
前提②「学芸員は、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業を行う「博物館法」に定められた、博物館におかれる専門的職員です。」(文部科学省HPより)
www.kangaerujikan.com
学芸員は実際はどんな活動をしているのかというと
togetter.com

山本大臣の言う「観光マインド」とはなんでしょうか。
www.tanseiken.jp
togetter.com
地域の活性化・「地方創生」におけるミュージアムの役割については、関連企業も含めて研究検討が盛んに進められています。
messe.nikkei.co.jp
www.tourism.jp

news.yahoo.co.jp
観光は『行』じゃなくて『光』…観光とは光を観ること | 旅行は吉方位へ
山本氏の考えは、観光を、「稼ぎ」最優先で進める見方のようですが
経済成長最優先の政策では、人間は「幸せ」になるのは難しいと私は考えます。

mainichi.jp
少なくとも、発言の根拠が誤認であれば論外です。
各地の実態を各地に出かけて行ってきちっと調べるのが、政治の前提ではないでしょうか。

地方、例えば仙台における学芸員の仕事ぶりは、このようです。震災復興と地域再生に向けてがんばっています。
↓仙台・宮城ミュージアムアライアンス
「てくてく春のミュージアム散歩」など
f:id:tentijin8:20170418110606j:plain
www.smma.jp


東日本大震災とミュージアム・SMMA
とりわけ、震災文化財レスキューと復興支援に懸命に取り組んだ学芸員たちを忘れてはならないと思います。彼らは真の「地方創生」の一員だと思います。
tentijin8.hatenablog.com
学芸員は、東北では最も就職率の良いといわれる東北学院大学ではこのように育てられています。
tentijin8.hatenablog.com

博物館と地方再生: 市民・自治体・企業・地域との連携

博物館と地方再生: 市民・自治体・企業・地域との連携

下記本には「まちの記憶を記録し、ともに考える場で、市民と震災を乗り越える せんだいメディアテーク」との紹介があります。せんだいメディアテークは仙台・宮城ミュージアムアライアンスの中心的存在でもあります。
www.smma.jp

地域を変えるミュージアム――未来を育む場のデザイン

地域を変えるミュージアム――未来を育む場のデザイン

ミュージアムはユニバーサルと「地域再生」に対応して進化し続けています。
今回は「学芸員」の存在をアピールする機会になりましたが。
twitter.com


いづれにしても、一連の失言の背景には政策の根幹に関わる大きな問題もありそうです。
hotatelog.cocolog-nifty.com
続き 
石井啓一国土交通相の発言
this.kiji.is
「文化学芸員」という言葉は存在しないはず。
おごる〇〇は久しからず。自分を含めた国民の「選んだ責任」をひしひしと感じるこのごろです。

批判・反響続々
文部科学大臣会見録から
松野博一文部科学大臣記者会見録(平成29年4月18日):文部科学省

www.topics.or.jp
創生相発言に怒る学芸員 文化財は未来への財産 : 京都新聞
www.yo-hey.com
agora-web.jp

togetter.com
diamond.jp
blog.livedoor.jp
headlines.yahoo.co.jp
business.nikkeibp.co.jp
www.nishinippon.co.jp

ameblo.jp
小規模ミュージアムネットワーク(小さいとこネット)が考える 博物館の意義とそのスタッフの重要性
f:id:tentijin8:20170421201915j:plain

文化財の調査・保護・活用に取り組んでる人々は防災にも貢献しています。
災害と文化財 遺跡に残る津波被害 現代の防災に生かす /和歌山:毎日新聞


石森秀三北海道博物館協会会長メッセージ(4月22日)
「一番のがんは学芸員」発言への反論
山本幸三大臣は、4月16日に滋賀県大津市で開催されたセミナーで、文化財観光にからんで「一番のがんは文化学芸員。この連中は普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと駄目だ」と発言し、全国的に厳しく批判されている(一番批判されるべきは「がん」で苦しんでいる人々やその家族に対する配慮のない点であろう)。
山本大臣は「地方創生担当相」を務めている。地方創生は、2012年に発足した第2次安倍政権の最重要課題で、東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的にしている。具体的には、地方における安定した雇用の創出、地方への人口の流入、若い世代の結婚・出産・子育ての希望を叶え、時代にあった地域を創り、安心な暮らしを守ると共に、地域間の連携などを推進することによって、地域の活性化とその好循環の維持をめざすための各種施策が実施されている。」
(以下は下記リンクをご覧ください ※石森氏は北海道大学観光学高等研究センター特別招聘教授)
「一番のがんは学芸員」発言への反論【会長によるメッセージ】 – 北海道博物館協会
「いまの北海道観光には長期ビジョンも戦略もない」石森秀三が喝破 | 財界さっぽろ
motamota.hatenablog.com


笹本正治長野県立歴史館館長
「笹本館長は、山本氏が発言した翌日の17日午前に「学芸員は一掃されるべきか」というタイトルで投稿。笹本館長によると、普段、一つの投稿の閲覧数は500件ほどだが、今回の投稿では21日昼までに1万1千件を超えたという。
 笹本館長は投稿で「博物館とそこで働く学芸員などの実態を知っているのかと、憤りを覚えます」と表明。
笹本館長は投稿で「博物館とそこで働く学芸員などの実態を知っているのかと、憤りを覚えます」と表明。
同館には「未来、健全な地域を作っていく」ために「県に関わる資料の収集をし、次の時代に伝えるため保管し、研究し、展示し、教育する役割がある」と説明。「学芸員たちが日夜汗を流し、何をしているのかも理解しないで、勝手な発言をする大臣がいるとしたら、とんでもないことです」などと訴えた。」
(詳しくは下記記事をご覧ください。)
digital.asahi.com
笹本 正治教授 | 学生・修了生・教員の声 | 学部案内 | 信州大学 人文学部

netallica.yahoo.co.jp


山本幸三地方創生相の発言に対する声明 (全日本博物館学会 布谷知夫会長)
「 2017 年 4 月 16 日に山本幸三地方創生相から、学芸員文化財の公開に反対しているの で、観光振興を進める上での一番のがんは学芸員である、との趣旨の発言がありました。こ の発言は明らかな事実誤認です。
文化財を守ることは、日本の文化や歴史を知り、未来に伝えていくための国民全体の責務
であり、その取扱いについては文化庁の指導や文化財保護法及び関係法令の下で行われて います。 博物館の学芸員文化財の保護・保全を図りながら、同時にそれらの文化財を多くの人々に公開し、日本の歴史・文化を知り、親しんでもらうことに努力しています。そしてその公開による劣化を防ぐためには、どのような公開方法、どのような公開環境を整えることが必 要かを研究し、展示を行っています。 また博物館は過去には特定の人向けの展示施設のようなイメージが持たれていた時代も
ありましたが、現在は博物館が収集してきた資料を研究し、その成果を活用することで、地域の人々が楽しく集い、学び、ネットワークを広げる場となっています。国内外の観光客が、 ある地域について、また日本について知ろうとしてまず訪れる場が博物館です。 博物館や美術館、文化施設等は、それぞれの展示や各種事業を行うことによって、むしろ 地域観光の拠点ともなっており、多くの人々に親しまれる存在です。 そして全日本博物館学会は、今後とも、各地の博物館が、より多くの人々に日本の歴史・文化や自然に親しみ、学ぶ機会を増やせるよう、理論と実践の両面から応援していきたいと考えています。
2017 年 4 月 21日 全日本博物館学会 会長 布谷 知夫 」(下記HPより)
全日本博物館学会


博物館とそれを支える学芸員の重要性について (可知直毅日本生態学会会長)
生態学の進歩と普及を図ることを通じて、社会に貢献することを目的としてい る日本生態学会は、博物館とそれを支える学芸員の重要性を改めて確認します。
博物館は、国土の自然や歴史・文化の継承を担うと共に、社会による知的財 産の利活用の拠点として、国や地域の歴史的、文化的、科学的に重要かつ貴重 な資料の収集、保管、整理、展示、調査研究、教育・啓発活動を行っています。 学芸員や研究員をはじめとする博物館職員は、博物館の活動の学術レベルの維 持発展と管理運営に重要な役割を果たし、科学の発展・普及や地域づくりにも 大きく貢献しています。 日本の博物館は、国際的に高い評価を受けていますが、それは博物館職員の 日々たゆまぬ努力の結果です。一方、人材不足や予算縮小のため、十分な活動 を行えていない博物館も少なくありません。博物館職員の主たる活動は、世間 の目に触れないところで行われています。そのため、その役割は評価されにく い面があります。いま、改めて博物館の意義や博物館職員の役割について、多 くの方々に知っていただき、博物館の活動に関して一層のご理解とご支援をお 願いする次第です。
2017 年 4 月 19 日 一般社団法人日本生態学会会長 可知 直毅 」
www.asahi.com
一般社団法人日本生態学会
安倍政権 相次ぐ暴言・問題行動/モラル崩壊どこまで/トップから内閣全体へ

tweetou.net
www.sankei.com
the-liberty.com
滋賀報知新聞


兵庫県立美術館の蓑豊館長
兵庫県立美術館神戸市中央区)の蓑豊(みの・ゆたか)館長(75)は「配慮に欠けたひどい発言」と憤る。ただ学芸員も「変化すべき時代」と捉える。館長就任後は、県立美術館を活用した街の活性化を目指し、周辺での「ミュージアムロード構想」を推進してきた。
 同館には14人の学芸員がいる。「文化財保護や専門分野の調査研究は当たり前」といい、日頃から「いかに工夫して来館してもらうか、分かりやすい説明で楽しんでもらうか、という目線を求めている」と話す。」(下記記事より)
www.msn.com
webronza.asahi.com

「今年1~3月まで、東京国立博物館で開催された「春日大社 千年の至宝」展。展示を見た菅義偉官房長官は、英語以外の中国語や韓国語の解説が不足していると不満を漏らした。同館の関係者によると、菅氏は多言語表示への対応を求め、同館は急きょ対応に追われたという。
 海外からの観光客(インバウンド)に利便を図ることは、「観光立国」を目指す安倍政権の意向に沿うものだ。文化庁は、今年2月から文化財を観光に生かすための多言語解説について検討する有識者会議を開き、3月には文化財を中核にした観光拠点形成についてのオンライン講座を初開催。自治体の文化財担当者、学芸員ら約2千人が参加した。
 その矢先の山本大臣の発言。影響を与えたとされるのが、大臣の知人で、小西美術工芸社社長のデービッド・アトキンソン氏だ。『新・観光立国論』などの著書がある。取材に応じたアトキンソン氏は「『一掃』という表現はダメだが、文化財を活用した観光で注目を集めれば、その文化財を保護するための補助金も得られやすくなる。国の財政が厳しい現在、観光資源にならなければ保護も厳しくなる」と話す。」(下記記事より)
digital.asahi.com

editorial.x-winz.net


「失言」の本質を突く見解が出てくるようになった。これらこそ世に広めたい。
学芸員はがん」発言の背景──観光をめぐる地域社会の過剰でゆがんだ期待(桃山堂ブログ)
「「学芸員はがん」という発言で問題となった山本幸三・地方創生担当相は、博物館、美術館の学芸員に、「観光マインド」──つまり、集客努力が必要だと主張しています。 
単なる政治家の失言というだけですまない厄介な問題だとおもうのは、学芸員に集客や観光PRを期待する声は以前からあって、近年、一段と勢力を増しているように見えるからです。
地域社会から、たちの悪い「観光マインド」を求められ、困惑していた学芸員さんを見たことがあるので、山本大臣の発言を考えるデータとして報告したいとおもいます。」
結論
レベルの高い、<学び>の観光モデル?
学芸員の社会的な存在意義は、調査・研究をとおして、地域社会の知的な資産を充実させることであって、集客や観光PRはそれに付随するものであるはずです。
 もし、学芸員、研究職に「観光マインド」を求めるとしたら、名所旧跡めぐり、温泉、グルメ、土産物屋にとどまらない、<学び>を起点とする、レベルの高い、未来的な観光モデルを考えてほしいものです。
 学術的な知見によって、住民も気づいていない地域の価値に光をあて、訪れる人を現実世界の再発見に導くような──というと大げさですが、知的な刺激に充ちた観光のPRであれば大歓迎です。
 長い目でみれば、それが地域社会の魅力を高めて、観光にも好影響をもたらすとおもうのですが、どうでしょうか。」その通りだと思います。
詳しくは下記桃山堂さんのブログをご覧ください。実情がよくわかります。
motamota.hatenablog.com


山下 祐介「「地方は観光で稼ぎなさい」という号令が、甚だ見当違いである理由 「学芸員はがん」発言の根底にあるもの」(現代ビジネス)
「■日本の観光を支えているもの
いま、観光に稼ぐ産業への転換が求められている。だがそうした転換は、この国そのものの衰退につながるだろう。むしろ余裕を持った観光、交流が促進されることで、行き詰まったこの国の経済を突破する適切な視点やアイデアが生まれてくるのではないか。
私は、そもそも観光に限らず、すべてに「稼ぎ」を強要するこの国の今の雰囲気に不安を覚える。「稼ぐ」ことだけが求められる国。そんな国、そんな暮らしに何の魅力もあるまい。
そして、本物の観光を目指す試みは、この数十年来、日本の各地で様々に試され、蓄積されてきたものでもあった。私もこの10年来、津軽学や白神学といった運動にかかわってもきた。そしてそこには学芸員たちの姿もあった。その他、様々な人々の地道な努力や活動が、今の日本の観光を支えているのである。
それは「やれ」といわれて進めたものではない。観光は楽しいものだからだ。余裕さえあれば、観光コンテンツは放っておいてもどんどん育つ。我が国はそういう国である。
そうした努力への評価や自生的な成長への気配りを忘れ、それを直接的に金儲けをしていないからといって「お前ら金儲けの努力をしろ」というのは、世の中の仕組みをよく知らない者が言うことだ。
そもそも稼ぐ人がいれば、その稼ぐことを支える人がいるのである。「稼ぐ」ことそのものも、直接その金儲けをした人だけで実現されているものではないのだ。その稼ぐ条件を整える根幹のところに、政府や行政の役割もある。だから政治家や行政官庁に私たちは税を納めているのだ。
この国がきちんと稼げなくなっているのだとしたら、それはその条件づくりに何か失敗しているからである。私たちはもっと、社会がどのように動いているのかを知らなくてはならない。」詳しくは下記記事をご覧ください。
gendai.ismedia.jp
誰も語ろうとしない東日本大震災「復興政策」の大失敗(山下 祐介) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「復興」が奪う地域の未来――東日本大震災・原発事故の検証と提言

「復興」が奪う地域の未来――東日本大震災・原発事故の検証と提言


山本幸三 - Wikipedia
またも
this.kiji.is
headlines.yahoo.co.jp
とどまることのない一連の「失言」は、日本の構造的問題であり、危機ではないのだろうか。


・重要記事
失言問題の最中、いくつもの重要なニュース・指摘がありました。
this.kiji.is
saigaijyouhou.com
this.kiji.is
これで分かる!「テロ等準備罪」の仕組み | ホウドウキョク
共謀罪 危なすぎる法案 「国民」に「絶対服従」を強いる!=斎藤貴男:毎日新聞
digital.asahi.com

そしてありうる状況になってしまった。
www.msn.com
内閣官房 国民保護ポータルサイト
www.asahi.com