南三陸研究会─海の信仰とゑびす(恵比寿)と悪玉口説き

南三陸研究会 2022.9.17 西宮えびすかき 2015年より続く「南三陸研究会」(代表:山内明美氏(宮城教育大学))。第18回の今回は「気仙沼市出身でカツオ漁の民俗調査を長年続けてきた日本民俗学会会長の川島秀一さんを講師に招き、「海で生きる」とはどんな営み…

安倍元首相銃撃殺事件と旧統一教会─国民が知り始めたことⅡ

【随時更新】自民党の統一教会汚染 鈴木エイト 小学館 2022.9.26自民党の統一教会汚染 追跡3000日 発売中 「安倍元首相と教団、本当の関係。 メディアが統一教会と政治家の関係をタブーとするなか、教団と政治家の圧力に屈せずただひとり、問題を追及し…

安倍元首相銃撃殺事件と旧統一教会─国民が知り始めたこと

文芸春秋 9月号(8.10) 目次より 文芸春秋社文藝春秋2022年9月号[雑誌] 「安倍元首相銃殺事件と旧統一教会─国民の多くが知らなかったこと」(改題) 安倍元首相銃殺事件は現象的には用意周到な殺人の怨念と油断・弛緩した警備体制が出会った悲劇なのだが、もし…

コロナウイルス第7波─「忘国民」的事態

日テレNEWS 2022.7.20コロナウイルス第7波のこの危機的状態で、岸田政権より具体策がさっぱり示されないのは、あまりに「忘国民」ではないだろうか。医療現場はもう限界。 患者が膨大となれは、やがて重症者、死者はどんどん増えてくる。犠牲になるのはまず…

ウクライナ戦争の衝撃

あらゆる為政者は国民の「命を全うする」ことを最優先とすべきである。 www.youtube.comnews.yahoo.co.jp (8.24追加) ウクライナ戦争の衝撃 2022.5.27 株式会社インターブックスウクライナ戦争の衝撃 ※以下、本書の紹介は私の主義主張とは関係なくウクライナ…

泥沼のウクライナ侵略戦争

www3.nhk.or.jp [:]Newsweek日本版5.17 泥沼のウクライナ Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2022年5/17号[泥沼のウクライナ] 『ニューズウィーク日本版5.17日号』を読んでいる。 表題は「泥沼のウクライナ」。ニュースは連日、「ロシア軍の苦戦、ウクライ…

釣石神社(石巻市)の法印神楽─コロナ禍からの復活

法印神楽 釣石神社春祭 2022.5.4法印神楽 釣石神社春祭 2022.5.4法印神楽 釣石神社春祭 2022.5.4石巻市北上町十三浜に鎮座する釣石神社でコロナ禍で中止していた本吉法印神楽が三年ぶりに奉祝春祭で復活!! 法印神楽 釣石神社春祭 2022.5.4笹結 釣石神社春祭 …

南三陸の春

南三陸町志津川 2022.4 田中則和南三陸町志津川 2022.4 田中則和南三陸町 戸倉神社 2022.4 田中則和南三陸は特にこの季節が素敵です。ぜひ、いらしてください。 www.m-kankou.jpwww.m-kankou.jp南三陸町には山城跡や石塔が多数残っていて歴史を語っておりま…

ウクライナ侵略戦争─『世界』(臨時増刊)に寄せて

『世界』№257(臨時増刊 ウクライナ侵略戦争世界秩序の危機 :岩波書店)が届いた。 ウクライナ侵略戦争を理解するためのきちっとした解説書が乏しい中で重要な一書である(随時更新)。 世界 臨時増刊 ウクライナ侵略戦争 2022.4.14 岩波書店4.18 ざっと読む。…

釈迦誕生(花まつり)からウクライナ侵略戦争

2009 花まつり 松音寺にて 田中則和今日は今から二千数百年前にお釈迦様が誕生した日を祝って花まつりが行われる。 お釈迦様が明らかにした人間の三毒─怒り・貪り・無知は二千数百年後の今日もそのコントロールは困難であり、 科学技術の発達により核爆弾、…

侵略され虐殺されるウクライナ国民に支援を

南三陸町の石塔(南北朝時代 臨済宗か) ウクライナ支援色 作成:田中則和 南三陸町の石塔(供養塔(板碑) 南北朝時代)には「若人欲了知 三世一切仏 応観法界性 一切唯心造」(華厳経)と刻んでおります。 この世界の出来事は全て心が造り出したものであるという意…

黙祷─東日本大震災11年目の南三陸&NO WAR STOP PUTIN!

さんさん商店街・ウクライナ 2022.3.11南三陸町志津川のさんさん商店街にて「NO WAR」「STOP PUTIN」の看板。「ウクライナ支援」を感じる。 さんさん商店街から道の駅(建築中)を望む 2022.3.11www.sansan-minamisanriku.com 南三陸町志津川 建築中の道の駅 2…

悪魔にとりつかれた大統領に殺されたウクライナ・ロシアの犠牲者に黙祷 そしてできうる限りの支援を!

南三陸町・波伝谷の石塔(供養塔 1369年 ウクライナ色 作成:田中則和悪魔にとりつかれたようなロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵略により虐殺された多数の人々とロシア軍として駆り出され亡くなった多数の兵士に 黙とう。 【随時更新中】 news.yahoo.…

『忘却の野に春を想う』とオミクロンの流行に寄せて

『忘却の野に春を想う』(姜 信子 ・山内明美)忘却の野に春を想う 新年に 遅ればせながら、「新年明けましておめでとうございます」と言いたい 確かに新年が明けておめでたいのだが 昨年末の新型コロナの「落ち着き」から一転して 寒波の繰り返しとともに日本…

哀悼─諸行無常

哀悼 細浦の和尚さん南三陸を訪れたら、今春お世話になった和尚さんが急逝されていたことを知った。心から哀悼の意を表します。 細浦湾口 2021年3月11日細浦 2012年11月細浦 防潮堤工事2021年3月11日 ameblo.jp

敗戦の日と新型コロナウイルスの全国的「感染爆発」

女川町 御前浜 2021.5<>御前浜 2021.5 御前浜 近世・近代石造文化遺産3D画像 田中則和作成2021.5戦後76年目の「敗戦の日」(日本における第二次世界大戦の終結の日。ポツダム宣言受諾及び日本の降伏が国民に公表された日)。合掌。 このたびの大雨・豪雨災害お…

東日本大震災発生から10年-南三陸町にて合掌

東日本大震災発生から10年。いつものように南三陸町にて合掌。 2021年3月11日 南三陸町復興祈念公園2021年3月11日 南三陸町復興祈念公園2021年3月11日 南三陸町防災対策庁舎2021年3月11日 南三陸町復興祈念公園佐良スタジオ さんさん商店街 午前中は志津川細…

『カラー新版 南三陸の山城と石塔』━東日本大震災からの復興とともに

戸倉 塩前寺跡から 2013年5月早朝 東日本大震災発生から10年が近づいてきました。 甚大な被害を受けた南三陸(三陸南部 気仙沼市本吉町~松島)。 わたしはは2013年より、雄大な自然にくるまれた豊かな歴史文化遺産を復興に励む人々と交流しつつ探り続けていま…

節分─コロナ第四波に備えよう

(南三陸町・上山八幡宮にて) コロナ禍の中で とても正月気分ではなかった。 今日は124年ぶり とかの節分 緊急事態宣言は一定の効果があったものの、延長 死者は 本日119人と最悪。 政権の失策や腐敗も追い打ちをかけているようで医療崩壊など深刻な事態は続…

コロナウイルス第二波─「感染爆発阻止に最後のチャンス」

五鬼大神 雄勝法印神楽 2008.10.19田中則和撮影news.yahoo.co.jp東京医師会が「今や (感染爆発阻止に)最後のチャンス」というのに政府は動かない。 未曾有の国難なのに国民の大多数の気持ちから政権は離れている。まさに、緊急事態。 会長の言う「法的拘束力…

新型コロナウイルス緊急事態─システマ的自衛の勧め

小竹浜 青面金剛 第二次世界大戦終結後、最悪の事態になった世界。現在「新型コロナウイルス世界の感染者 210万人超 死者 14万人超 」(下記リンク) まさにここ一か月が正念場と感じる。今をどう過ごすかが生死の分かれ目。老爺心ですが、以下、ちよっと独自…

コロナウイルス退散!!

新型コロナウイルス退散に人類と神仏の総力を結集しよう。青面金剛 news.yahoo.co.jp「休業補償がなければ、経済活動は止められない。」当然です。 news.yahoo.co.jp 財務大臣が率先して休業補償に取り組むべき。www.awaji-doctor.com www.asahi.com 「ウイ…

東日本大震災9年-南三陸町にて合掌

東日本大震災発生から9年 強い風の中 南三陸町復興祈念公園 その時刻、サイレンのみが鳴り、集まった皆様とともに手を合わせてきました。復興祈念公園復興祈念公園2020,3,11 「伝えつなぐ大津波」碑 復興祈念公園・南三陸町防災対策庁舎跡 2020.3.11 祈りの…

大津波と歴史文化遺産

東日本大震災発生からまもなく9年 復興未だ成らず 合掌牡鹿萩浜付近 2011.6 2012.3.17 南三陸町 戸倉神社 2012.5.9 雄勝法印神楽 羽坂 2013.1.10 志津川 「さかなのみうら」付近 2013.6 南三陸町 荒島付近(朝5時過ぎ) 新井田館跡現地説明会資料(南三陸町教育…

謹賀新年2020

明けましておめでとうございます。 (保呂羽山の霜月神楽でいただいた鼠様) 12年前、私は波宇志別神社にて夕刻から翌朝まで霜月神楽を堪能したのであった。2007年の保呂羽山霜月神楽tenti.hatenadiary.org年末は南三陸の山中の仕事にあたり、かつ、諸病のため…

赤色立体地図で探る南三陸の城館─「戦国城館研究の最前線」シンポ

赤色立体地図で探る南三陸の城館 戦国城館研究の最前線シンポ2019.11.2お陰様で好評裡に終了いたしました。ご支援有難うございました(11.3追記) 谷口宏充先生の赤色立体地図から探る南三陸の城館跡11月2日(土)には「戦国城館研究の最前線」という記念シンポ…

南三陸町連続講座「南三陸の中世」(全8回)無事終了

最終回 南三陸町で行っていた連続講座「南三陸の中世」(全8回)は昨日無事終了いたしました。最後に入谷ouiパン工房の特製の梵字アを入れたパンをいただき、感激いたしました。もっちりとした美味のパンでした。連続講座を支えていただいた関係者の皆様、夜に…

南三陸の中世8「南三陸の歴史文化遺産」(予告)

南三陸の中世8 鋭意準備中御嶽神社(気仙沼市本吉町)より沿岸を望む「建仁元年(1201、鎌倉)奥州信夫荘司佐藤基治の妻乙羽姫(後尼公とも云う。平泉藤原秀衡の妹)の子佐藤次信、忠信の兄弟屋島・吉野の戦に主君源義経の身代りとなって忠死せるにより祈誓す…

講座「南三陸の中世5 志津川湾を板碑・山城から探る」(予告)

志津川 2013.4講座「南三陸の中世5 志津川.」─予告(田中則和)新井田館跡発掘調査現地説明会資料(南三陸町教育委員会) 2013.11.23南三陸町で開催しております連続講座「南三陸の中世」(8回 主催:南三陸研究会、うみさと暮らしのラボ )は、いよいよ、2013年の…

恵比須崎から水戸辺川─南三陸町戸倉

海は変わらねど 川(水戸辺川)は変わった。 近くの湿地にシラサギの群れ。 2013年6月 水戸辺川上流にて。 m-inuwashi.jp