読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下保呂毛から飯田屋敷跡─南三陸から北上町女川へ

f:id:tentijin8:20141108103844j:plain
南三陸町下保呂毛のネコ
今年生まれた猫とのことで震災は知らない。
f:id:tentijin8:20141116104802j:plain
河川復旧工事が始まっていました。
下保呂毛地区は津波で甚大な被害を受けました。
谷の奥が保呂波山への道沿い上保呂毛地区です。
高台の家を残し、下記の写真の平地の家々は流されました。
朝日館跡(志津川下保呂毛) | 戦国期の館跡 | 歴史の標 | 南三陸町 VIRTUAL MUSEUM

f:id:tentijin8:20141116103513j:plain
朝日館跡(別称「志津川城」)の麓から「津波の来た道」がよく見える
f:id:tentijin8:20140427113035j:plain
(『東日本大震災津波詳細地図 上巻』より ※「下保呂毛」の文字のところが朝日館)
f:id:tentijin8:20141122170300j:plain
下保呂毛 朝日館跡付近(グーグル+)


f:id:tentijin8:20141116121632j:plain
新井田地区に入ると、分厚い盛土で新井田館跡が見えない!

f:id:tentijin8:20141116112817j:plain
新井田館跡は、未だ残っていました。。。。

f:id:tentijin8:20141121204305j:plain
中央区」建設のため一山が削られる予定の「新井田館跡」を惜しみながら
新井田館跡発掘調査現地説明会─南三陸から - 縁果翁記
f:id:tentijin8:20141116120435j:plain
山の上の小社「愛宕神社」の行く末を案じながら
f:id:tentijin8:20141116120149j:plain

f:id:tentijin8:20141116113314j:plain
嵩上げ工事の盛んな新井田・天王前付近を抜ける。


f:id:tentijin8:20141121204520j:plain
着いたところは、知る人ぞ知る「飯田口説」(はんだくどき)の里 石巻市北上町の女川
f:id:tentijin8:20141116144530j:plain
「女川飯田口説・詳説」(1)事件と資料
(労作 ※音楽がなるのでご注意)



f:id:tentijin8:20141115103729j:plain:w300
保呂羽神社春まつり・本吉法印神楽奉納─南三陸にて - 縁果翁記